2007年 03月 30日 ( 1 )

 

数字上、良い音。

先日ライブで配布しました2曲入りのCD-R。
実は、ボーカルを録音した時のサンプリングレートが違います。

The Eyes of Fishは、24Bit/96KHz
斜め懸垂をする女は、16Bit/44.1KHz

なーんて言われて分からない人も多いと思いますが、
大丈夫です。僕もよくわかってません。
でも、数字が大きい方が良い音で録れると言われてます。

音っていうものは「波」だって聞いたことありますか?
どこかで音が鳴ると、水面を走る波紋のように、360度方向に音の波が進みます。
この様子をパソコンに取り込むのが、デジタルレコーディングなんです。

たとえば、誰かが「あ!」って叫んだ音をレコーディングするとします。
「あ!」っていう文字を白と黒だけのピースで完成させるパズルを想像してください。
そのピースが96ピースなのか、44ピースなのか。その差なんです。
当然ピースの数が多いほうが、正確に「あ!」の文字が表現できますよね。

でもねぇ。最終的にCD-Rにする時は、16Bit/44.1KHzにしなきゃいけないんです。
だって、それがCDの規格だから。しょうがないです。
だから、僕が家で聴くひでみつの声と、皆さんが聴いている声は若干違うのです。
いいだろ?

ちなみにDVDは24Bit/96KHzなので、DVD-R配布するという手もありますが、
コストがかかりすぎるので、誰もやってません。あしからず。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2007-03-30 00:56 | あやと

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE