HP Mini 1000とiDenebでMacbook Miniの夢を見る 最終回

とうとう仕上げの段階です。

すでにOSXは起動出来る様になっていると思いますが、解像度が合ってなかったり、日本語が表示がいまいちだったり、音が鳴らなかったりするので、そこをマルっと修正していきます。

ーーーーー

1.最初にiDenebをインストール出来るようにするために使った「UInstaller」をUSBメモリか何かでMacbook Miniにもってきます。起動後、Macbook MIniのHDDを選び、「Apply kext package」と「Install PC_EFI v9 Chameleon Edition 1.0.12』にチェックをしてインストールします。

2.この状態ではインターネット設定をするのは少々めんどくさいので、他のパソコンで「my1001TUotherkexts.zip」と「my1001TUvideokexts.zip」という修正用のkernel extentionファイルが圧縮されているzipファイルを、インターネット上から見つけて来てダウンロード、解凍して下さい。解凍したフォルダをUSBメモリか何かでMacbook Miniに移します。

3.Macbook Miniのアプリケーションの中に、「iDeneb App」というフォルダがありますので、その中のKext Helperを起動し、上記で移したkextファイルを全てインストールします(ファイルを窓枠の中にコピペして、インストールボタンを押せばOKです)。

4.次に「VoodooHDA.kext.zip」というファイルを2.の要領でダウンロード→移動→インストールします。

5.一連のファイルは「/System/Library/Extensions/」にインストールされてます。その中から「AppleHDA.kext」というファイルだけ削除してださい。

6.iDeneb Appから「OSX86 Tools」を起動し、ディスクのアクセス権を修復します。15分ぐらいで完了しますので、再起動して下さい。

この時点でほぼ完璧に動くと思います。すでに解像度も直り、扱いやすくなってますので、無線LANなどの設定をサクッと終えてインターネット環境を整えましょう。システム環境設定の言語のところで「入力ソース」なんかをいじって、「ことえり」も使えるようにしてください。ただキー配列が英語キーボード用になっているので、JISキーボードを使っている方はその辺りも修正したほうがよいかもしれません。というか僕は修正しました。でもあまり使い心地は大差ないので、今回は省略です。「alt」がコマンドの代わりになりますので、「alt+スペース」で入力モードの変更はできるようにはなっています。

7.既にネットつながっているMacbook Miniを使って「VooDooPS2 Controller」というファイルをインターネット上から見つけ出してダウンロードします。このファイルを展開するとトラックパッドのスクルロールバーと二本指スクロールが使用できるようになります。

ーーーーー

ざっと駆け足で夢を振り返りましたが、夢だけにぼんやりとしか憶えてない部分が多いです。もしかしたら抜けている部分などあるかもしれませんが、思い出したら修正します。マイク入力が使えないことと、画面の明るさが変えられない以外は目立った不具合は見当たりません。ここまで動けば十分じゃないでしょうか。

では皆さんもいい夢を。ただし上記の方法で同じ夢が見れなくてもご容赦ください。

1/9追記: 日本語環境を整えるのにインストールにつかった「iDeneb 1v1.3」の中から「japanese.pkg」をインストールしてあげなければなりません。USBでMacbook Miniに接続し、コマンド+F+Gで「system」に行き、packageの中から「japanese.pkg」をダプルクリック、Macbook MiniのHDDにインストールして下さい。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2010-01-04 20:50 | Apple関連

HP Mini 1000とiDenebでMacbook Miniの夢を見る その3

みなさん、初夢はいかがでしたか?
僕は見たんですがちゃんと覚えてません。美女は出てこなかった気がします。

そんなわけで、年末年始にかけて何のブログだか分からない感じになってますが、「Macbook Mini」の夢を見させてくれ、、、という方々のために筆をすすめます。まぁ、元々雑文だらけのブログなので、内容のある方なのではと、、、

さていよいよインストールですが、HP Mini 1000のBIOSバージョンは、XPが動いている状態のうちにHPのサイトから最新にしておいた方がよいかもしれません。また必要なファイルなんかがあったらバックアップを取っておくことをおすすめします。最悪XPに戻ってくることも不可能になるかもしれないので、、、。

----------

1.インストール用USBメモリをHP Mini 1000に装着
2.HP Mini 1000を起動。青い「HPロゴ」が出ている画面で「F9」を長押しして、起動ディスクにUSBメモりを選びます。

これでiDeneb(OSX)のインストールが始まります。ここからがちょっと一癖ありますのでご注意下さい。なぜならば、この時点では解像度の修正が出来ていないので「640×400」でインストールが進むのですが、各ガイダンス途中の選択ボタンが画面からはみ出てしまって表示されません。ですので、「tab」を適当数押すことによって目的のボタンまでカーソルを進めます。

3.よく使う言語を選ぶ。日本語でも英語でも問題ないです。
4.インストールを開始する前に、内蔵HDDorSDDをメニューバーのディスクユーティリティを使って、Mac OS拡張(ジャーナリング)にフォーマットします。僕は潔く1パーティションで行いました。
5.「ようこそ」画面でtabを2回押してスペース→規約に同意
6.「インストール先の選択」でフォーマットしたHDDをクリックで選択。そのHDDが青く囲まれるまでtabを何回か押す。そこからtabを2回、スペース。→オプション選択の画面になるので、そのままスペース。
7.以下のオプションを選択します。

  ■Patches 10.5.5 Ready
   ▼Audio
    *AppleAzaliaAudio
   ▼Chipset
    *ICHx Fixed
   ▼Network
     ▼Wireless
      *Broadcom
   ▼Fix
    *ACPI Fix
    *Cpus=1 Fix
    *FireWire Remove
    *IOUSB Family fix
    *PowerManagement
    *PowerOff_Fix
   ▼Video
    ▼Intel
     *Intel GMA950
   ▼Applications
    *kext helper
    *OSX86 Tools

僕のMini 1000はこれで大丈夫でしたが、機種によってはチェックすべきオプションが多少違うかもしれません。「完了」をクリックすると「インストールの概要」画面に戻りますので、tabを2回、スペースを押すと、とうとうインストール開始です。

30分ぐらいでインストールは完了します。最後の「1分」が15分ぐらいかかりますがご愛嬌。すると再起動を求められますので、素直に従いますがこのままではOSXはうまく起動しません。何度も再起動をループするようになってしまいます。

8.ブートループの修正をします。
A.再起動後、BIOSのカウントダウン(5秒間)中にenterを押す。Terminal画面になります。
B.「-s」と入力、enterを押す。
C.テキストがブワーっと流れた後(流れない時もありましたが、、、)「sbin/fsck –fy」enterを押す。
D.「modified」みたいな表示が出たら(これも出ない時もありました、、、)「/sbin/mount -uw /」と入力し、enterを押す。
E.「passwd rootと入力し、enter。「New password」の後にパスワード入力してください(画面には表示されません)。確認が入り、もう一回入力。
F.「touch /var/db/.AppleSetupDone」と入力し、enter。大文字やドットに気をつけてください。
G.「reboot」と入力し、enter。

これでOSXは無事起動するはずです。解像度とか音声、無線LANを動作させるための微調整が残っていますが、もうちょっとでゴールです。

このエントリを書いている僕の後ろで、姪と甥が「ONARA はずかしくないよ」という歌で踊りまくっています。はんにゃって子供に猛烈に人気あるんですね。。。

続く。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2010-01-01 17:24 | Apple関連

明けましておめでとうございます。

2010年ですね。もう21世紀になって10年たったんですね。

次の10年の主役は多分僕らだと思うので、2月6日の「まろびあい」をよろしくお願いします。

これから朝ご飯で起こされるまで初夢タイムです。美女出てこい。
みなさんが今年1年幸せでありますように。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2010-01-01 03:13 | あやと

HP Mini 1000とiDenebでMacbook Miniの夢を見る その2

Mac OSXのインストールにあたって、アップルが定めている以下の規定があります。
ーーーーーー
2.許諾された使用方法及びその制限
A.本契約により、お客様は、一回につき一台のアップル商標を付したコンピュータにアップルソフトウェアを1部インストールし、使用することができます。
ーーーーーー
アップル商標を付したコンピュータ、、、なるほど。確かに他のメーカー製パソコンにはアップル商標であるリンゴマークはついていません。当たり前ですが。

という訳でちょっと前の写真の通り、リンゴシールを貼ることでこの問題をクリアしたつもりに。

でも実際のところ、OSXはPCにそのままインストールできるように設定されてませんので(インストールディスク自体が立ち上がりません)、今回は「iDeneb」というHachintosh用にモディファイされたOSX Leopardを使用することに決めました。

いくつかの成功例を参考に、「iDeneb v1.3」が具合がよさそうだと狙いを定め、ファイルを入手。この「iDeneb v1.3」はBitTorrentでシェアされてます。Torrentファイル自体は検索すればすぐ見つかるんですが、そのダウンロードには丸一日かかりました。4.7GBもあればそのぐらい当然かも。クライアントはuTorrent。

無事ダウンロードに成功、解凍をすると「iDeneb v1.3 10.5.5.iso」というイメージが出来ます。Leopard10.5.5を基にしているみたいです。本家Leopardはアプリも含めてもっとサイズの大きいOSなので、何かしら不要な部分(Univesal Binary分とか)は削っちゃってるんでしょうね。

次にこのisoイメージを8GB以上の用量のあるUSBメモリか外付けHDDに復元します。
1.USBメモリorHDDをディスクユーティリティを使って、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」にてまっさらな1パーティションにフォーマットします。名称は任意で構いません。
2.そのまま「復元」タブにて、ソース「iDeneb v1.3 10.5.5.iso」、復元先「USBメモリorHDD」で復元。

ただこのままでは、HP Mini 1000をはじめ、ネットブックはこのUSBメモリをインストールディスクと認識はしてくれません。そこでUniversal OSx86 Installer(UInstaller)というソフトをダウンロードしまして、手を加えます。
1.リンクからダウンロード&解凍
2.UInstallerを起動
3.「Choose Hard Drive to apply to」からiDenebを復元したUSBメモリを選択。絶対にMac本体のHDDを選ばないこと!!
4.「Install PC EFI」にチェックを入れてインストール。30秒ぐらいでcompleteしたらUInstallerは終了して大丈夫です。

これでインストール用のUSBメモリは完成です。
注意点:iDenebは4.7GBしかありませんが、USBメモリorHDDは8GB以上ないと駄目みたいです。

続く。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-31 03:03 | Apple関連

HP Mini 1000とiDenebでMacbook Miniの夢を見る その1

巷ではネットブックといわれる用途と機能が限定されながらも、小さくて安価なノートパソコンがシェアを広める中、「iPhoneあるからそれでいいじゃない」というスタンスを貫くAppleはMacbookのダウンサイジングをしてくれません。2010年、年明け早々に待望のタブレットPC(7インチぐらいのタッチパネル式PC)を発表するという噂もありますが、それなりに高価なものになりそうだし、、、

いわずもがなですが、MacとWindowsPCの一番大きな違いは、搭載OSの違いです。 どっちの出来がいいかを論じるとそれは一長一短なのですが、「慣れ」 もあるんでしょう、僕にはMac OSXが使いやすいのです。だからネットブックでOSXが動いちゃえばいいわけで、、、

そういう夢を見ている方々が世の中に去年あたりから増えていまして、そうやって出来たOSXの動いている夢のPCを「Hachintosh」と呼んでいるんですね。

僕だってその夢見てみたい、、、

てなわけで、どのネットブックが夢を見やすいのか。まずはそこからスタート。早速、先人達が残してくれた大いなる遺産を参照させていただきました。

ハッキントッシュに最適なネットブックはどれ?

むっちゃ調べられてるじゃないか、、、便利だなぁ。でも普通は既に何らかの理由で購入済のネットブックで試すんだろうから、こういうリストも先人達の血と涙の結晶な訳ですよ。感謝です。

そんな訳で、デザインや適正から「HP Mini 1000」がいいなとは思ってたんですが、出来るだけ安く手に入れたいので中古にターゲットをしぼり、ネットオークションをくまなくチェック。そしたらタイミングよく出品されてましたので即決落札!配送料込で25000円ほどの出費でした。ラッキーじゃない?

HP Mini 1000 32GB-SSDモデル

続く。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-30 12:05 | Apple関連

今年一年ありがとうございました。

なんやかんやで2009年最後の週末ですね。
少し早いですが、今年一年、様々なご支援を下さった関係各所皆様にこの場をかりて厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

TOPページにていきなり何の詳細もなく宣伝しておりますが、2010年の活動は2月6日の自主イベント「まろびあい」からスタートします。新白河みのるを普段のライブ以上に近く・深く感じることのできる機会ですので、お誘い合わせの上、是非足をお運びください。出演アーティストも徐々にお伝えしていくつもりです。あとなんといっても、新音源の発表が、、、これは予定ですが。年末年始休暇中の僕の頑張りしだいですので、エールを下さい。

そういえば、一つ前のエントリでHP Mini 1000でOSXの夢を見れたらいいなぁ、なんてことを書きましたが、ちゃんと見れましたのでご報告です。

b0063361_1528244.jpg


インストール手順や設定詳細は別の機会にまとめますが、多少機能しない部分があるものの動きは実用にたえます。というかXPよりもUbuntuよりもスムーズで軽い感じがします。SDカードスロットをちゃんと認識するのもうれしい誤算。これなら「Macbook Mini」として活用することが出来そうです。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-27 15:38 | あやと

HP Mini 1000 を入手しました。

今更なんですが、いわゆるネットブックを手に入れました。

ネットブックと言えば、ASUSのEee PCとかAcerのAspireなんかが人気ありますが、デザインだけでいったらこのMiniシリーズが抜きん出ていると思うんですよね。

でもちょっとスペックは低め。ハードディスク容量やバッテリの駆動時間は平均以下です。が、デザインがかっこいいので結構売れていた気がします。特にVivienne Tam Editionはすごいインパクトでしたからね。後継機Mini 110の方が性能バランスはいいですけど、このエディションはネットオークションでもまだ値が下がらないです。

僕もオークションで落札しましたが、2009年の夏、通常モデル。新品の半額で手に入れることができました。今のとこXPにて普通に使ってますが結構快適ですね。このブログもMini 1000から書き込んでますし。ネット、メールユースならまったく動作に問題なし。キーボードが思っていた以上に打ちやすい。

b0063361_2234321.jpg
b0063361_22341352.jpg


とはいえ、特に使用目的があるってわけでもないんですよ。移動中のネットサーフィンはクセがあるとはいえ、iPhoneで事足りてますしね。

ステッカーから感じ取っていただけるとよいですが、今回の入手目的はただ一つ。Hachintoshの夢を見ることです。。。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-20 22:45 | あやと

フロあり

8LDKフロなしPV、かっこよいですねいー。
しかしながら、やっぱりこの時期は熱いフロに浸かるに限ります。

時間と手間の関係からシャワーにすることが多いものの、やっぱり朝晩熱い液体に身を投じないと調子がでないものです。おかげで冬場は乾燥肌に悩まされっ通しですが、ドイツ軍人はそんな事ではへこたれない。

そんな、朝も晩も、できれば一生フロに入っていたい!それも札束を敷き詰めたやつ!という私が運命的に出会ったのが、このマンガ。

テルマエ・ロマエ 第一巻



ストーリーは、仕事に行き詰まったローマ時代の浴場の設計技師が、現代日本にタイムスリップし、日本のお風呂文化に一方的に衝撃を受けるというもの。ポルトガル在住の著者の風呂コラムも興味深く、フロスキーにはたまらない内容です。が、エロはありません。

半身浴でもしながら、のんびり楽しみたい1冊です。
あ、みのるメンバーには私が貸しますので。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-11 12:33 | ひでみつ

8LDKフロなし"Shooting Star"のPV

知ってる人は知っている、バンド仲間の「8LDKフロなし」のPVが出来たんだって。

音源は私、川北が手がけたんですが、自分が録った音のPVって初めてかも。



かっこよい。。。
かっこよいじゃないか!!!

くそう。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-12-06 22:55 | あやと

stuff Live at Montreux 1976

のDVDを買いました。去年出たのは知ってたんだけど、なんとなく買いそびれてたんです。でもYouTubeに上がってるガッドのソロテイクを観て、アマゾンで即買い。先ほどゆっくり鑑賞させていただきました。

stuffは、NYのR&B系セッションミュージシャンが集まって出来たバンドで、実質の活動時間が短いことと、各メンバーがどんどん売れっ子になったことで、ちょっと伝説化されたバンドです。
いわゆる「フュージョン」にジャンル分けされてCDが販売されてますが、サウンドはNYスタイルのソウル、R&Bです。基本的に歌ものバック演奏をスタジオで演奏している人たちのバンドなんで、アレンジもそんな感じ。基本的にテーマ的なメロの演奏薄いです。でもそこが斬新というか、stuffの真骨頂。生バンドのリズムグルーブを楽しむバンドなんですよね。全員リズム隊。



この動画はガッドのソロ中心ですが、DVDではもちろん、全員の一丸グルーブがたっぷり堪能できました。いやぁ。よかった。いい土曜日になりそうです。
[PR]

  # by sinnsirakawaminor | 2009-11-28 13:23 | あやと

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE