<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

アイスノン

アメリカの研究者グループが、「地球温暖化の影響により、今世紀末までには北極海の氷が溶ける」との調査結果を発表しました。

北極海の氷が観測史上最小、温暖化の影響で (CNN)

つーかオメーラの国だろ、溶かしてんのは。さっさと京都議定書に調印した方がよいのにね。
ハリケーンだって減らしたいだろうに。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-30 12:39 | ひでみつ

キアリー!

近頃健康オタク化しつつあるので、美容・健康関連情報はわりとチェキッってるのですが、最近巷では解毒(=デトックス)が流行ってるらしいですね。

ここでいう「解毒」とは、体内に蓄積された毒素を排出すること。これにより、健康増進や精力絶倫に効果があるという。なので女性達の間ではミネラルウォーターやヨガ教室、関連サプリが大人気みたいです。でも私は、もっと根源的に大事なことがあるような気がします。「コンビ二弁当を食べないようにする」とか、「へんなダイエット食品をやたらと口にしない」とか、「たくさんエッチをしてたくさん汗をかく」とか…よろしければご協力します。

青山正明著「危ない薬」内の印象的なエピソードで、「著者の知人(もちろんジャンキー)が解毒しようと思って、自分の家の庭に穴を掘って首まで埋まってたっぷり汗をかいたら、後日庭の木が全部枯れた」というのがありました。まあ、これは極端な例でしょうが、現代社会の汚れた空気や添加物満載の食品に囲まれた私の体も、わりかし汚染されてるんだろうなーと思います。

でも、キレイなカラダがエライのかというと、そんなことはないですよね。私達の音楽も、世の中の杓子定規やNHKの放送コードに当てはめると、ところどころキレイとは言えない部分があります。でも、人生キレイなものばかりではない。きたないものがあるからこそ、美しいものが輝いて見える、そう思います。「生きる」って、そういうことなんだと思います。そういうことを、これからも音楽を通じて、皆さんに伝えられたらと思いました。いま。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-26 17:52 | ひでみつ

金字塔

買いました。昔もってたやつはどこいったんだろう?
すてた記憶はないんだけどなぁ。。。
ソフト募集中です。まぁ、相方が沢山もってるんだけどさ。
とりあえず今日はスーパーマリオやってます。ぐへへ。

b0063361_025948.jpg
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-26 00:24 | あやと

ネーミングの妙

電車での旅の楽しみの一つとして「崎陽軒のシウマイ」があると思います。よく駅に売ってるやつ。あれをつまみに、車窓を流れる景色を眺めながらビールなんか飲むのは、全くもって至福な瞬間ですよね。

何より、名前が素敵です。「シウマイ」。一目見ただけで、中身のボリューム感と皮のふんわり感、一口頬張ったときのジューシー感が炸裂して、口の中に高層ビルが建つー!それは味皇様ですね。商品名が普通に「シュウマイ」または「シューマイ」だったら、あんなに(主に私の)心を鷲掴みにすることはなかったのではないでしょうか。食べ物の視覚的な語感って、すごく重要だと思います。

同様に、場末の喫茶店とかのメニューに書いてある「オレンヂジュース」の方が「オレンジジュース」よりジューシーな感じがして私は好きです。果汁は少なそうだけど。他に「マグロ」も、「まぐろ」とひらがなで書いてあった方が美味しそう。「マグロ定食」「まぐろ定食」。ほら!

でも「ラーメン」だけは、経験上そのままカタカナの方が良いようです。「らあめん」とか「らーめん」とかひらがなで表示されているラーメンで美味しかった試しがほとんどないからです。「和風らあめん」とか。デパートの食堂街や海の家でそーゆーのを食べると、たいていモスノンみたいな味がします。

あと食べ物じゃないですが、「デブ」よりも「でぶ」の方が、救いがない気がします。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-25 13:23 | ひでみつ

アコライブ@高円寺

無事終了いたしました。ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

昨日は新しいメンバーを迎え、アコースティックでしっとりと新鮮なココロモチで私も川北もエキサイティングにパフォームすることができました。余りに気分が高揚したせいか、普段よりお下劣度30%UPのMCで、タイバンしたSSJやCorcobird、ウランバーナ*ゲイトウェイ等後に続くオサレなバンドを下品の渦のズンドコに叩き込んだという噂もありますが、そんなこと気にしていたらほぼ9割のチケノルなんて払っていられません。ついてこれる方だけついてきて下さい。そうでない人は、休み休みついてきてください。ぜひ。

ともあれ、ゆみちゃんの偉大さを痛感したライブでした。次回も46497!


                                              ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-18 21:20 | ひでみつ

私はあなた(自民党)しか知らないの。。。

明日は、ウランバーナ・ゲイトウェイ企画「bizzare bazar 003」です。
ひさびさに、ドラムのいない素のサウンドメイキン。詩が皆様に届きますように。

でもね、聖子さん。僕は往生際の悪い人は嫌いじゃないですよ。
そのままでいたら確実にフラれますからね。
やっぱり一緒にいたいと思ったなら、とりあえず気持ちを伝えたいもんだよ。

まぁ、大抵こういうパターンでよりが戻っても、その後うまく行った話しは聞かないけど。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-16 23:54 | あやと

この都会(まち)は戦場だから

ひろみです。郷じゃないよ。岩崎。

大好きな歌って、その歌詞に感情移入したりするじゃないですか。
でもこの「聖母たちのララバイ」の歌詞はよく分かりません。
大好きなのに。

母性愛がテーマなんですよ。きっと。
女性の愛の根底には「母性」というものがあって、
異性へ抱く愛情の中にも、母性が働く。

男性が女性に対して、母性を求める歌詞ならすんなりと理解できます。

女性は愛する男性の母になりたいの? うーん。

「あぁ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって
 私のいのちさえ差し出して あなたを守りたいのです」

作詞は山川啓介。男性だなぁ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-14 21:02 | あやと

異常位も好き

いよいよ、今度の土曜日はみのる初のアコースティックライブ@高円寺ショウボートです。もともと2人でやってた頃はいつもアコースティックだったので、「原点回帰」というか、久しぶりに正常位でやる新鮮さというか、そんなのをオーディエンスの皆さんに感じ取って頂ければ幸いです。

でも「正常位」って、すごい言葉です。それ以外は異常ってことですか。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-11 21:46 | ひでみつ

「げんまん」って、どういういみ?

指を切りました。右手の中指と薬指の中程をざっくりと。これで、しばらくはステージでギターを弾くことはないと思います。あまりのざっくり感に、デジカメで撮った画像をアップしようとも思いましたが、ここは「Ogrish.com」ではないのでやめました。

僕はただ、ネコと遊びたいと思っただけなのです。昨日のバイト先からの帰り道、住宅街を歩いていたら、大きく育ったねこじゃらしがモサっと道端に生えていました。コレを使えば、帰り道で出会うニクイあいつらも寄ってくるのではないか。安易な考えですが、一番長くて立派なねこじゃらしを頂いていこうと決心しました。

でも簡単には取れません。枯れ気味なせいかねこじゃらしの茎の繊維は思いのほか丈夫でちぎれてくれないのです。僕はパスタをフォークで食べる時みたいに、右手にねこじゃらしの長い茎をくるくると巻き付け、一気にひっぱりました。すると、フロスが歯茎に食い込むみたいに、バキの「死刑囚編」でドリアンが独歩の二の腕を化学繊維で切り落としたみたいに、じゃらしの繊維が指に食い込みました。手を離して見ると、痛みはないのに中指と薬指のそれぞれ左側右側がぱっくりと割れ、中の脂肪がリアリティの無い感じでコンニチワしてるじゃないですか。

「ありゃー」と思っていると、あたりまえのように血がデュワーと出てきました。そこで思い出したのですが、こういう雑草は節の部分で簡単に折れるのです。案の定、根元の節を折り曲げると、簡単にポキリと取れました。やった!

左手はロングなねこじゃらしを持ち、右手は心臓より上にあげ(気の乗らない挙手の姿勢)、時々血を地面に滴らせながらネコを探して歩きました。でもおらんのです。ネコが。いつもはあれだけゴロゴロしてるくせに、これだけのスペシャルアイテムを持っている時には現れないなんて。僕は世の中の不条理を、そして時折すれ違う人の視線を感じながらしばらく歩き続けました。

そしたら、いた!線路横のコインパーキングに黒ネコが!やつは寝起きなのか、少しダルそうに目を半開きにし、頭を車止めの上にのっけてくつろいでいます。そんなところに、右手から血を滴らせ、目は夕闇の中にギョロリと輝き、なんだか息もすこし上がった巨大な生き物がじりじりと近づいてきたものですから、相当何かを感じたのでしょう。やつは目をカッと見開いたかと思うと、体に電気が走ったようにぴょんと立ち上がり、ねこじゃらしには目もくれず薄暗いガード下へと大慌てで逃げていきました。僕はしばらくその場に立っていましたが、ねこじゃらしを置き、家路へと向かいました。

愛とは惜しみなく奪うもの、ですね。


                                              ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-09 12:32 | ひでみつ

ミギーと私

お盆に帰省した時、持ち帰ってきたものがあります。
それが「寄生獣」です。

やっぱり凄いよ、この漫画。
大ヒットしたし、賞もとってたような気がするけど
それでも知らない人、読んでない人いるんだろうなぁ。

一番好きなキャラは、田宮良子(田村玲子)です。
こういうのって、知ってる人同士だと「ああ!分かる分かる!いいよねー。」って
この時点でなるよね。もちろんミギーも好きよ。

ある日、どこからともなく現れた謎の生物。
人間の体を乗っ取って(見た目は人間のまま、というか、変形自在)
人間を食べる。だんだん明るみに出てくる。。。

そんな話です。かいつまむとね。でもこんな説明じゃ分からんだろうなぁ。

「ヒストリエ」も面白いよ。岩明先生がんばれ。

b0063361_5373165.jpg
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-09-07 05:38 | あやと

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE