<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

少々不謹慎ではありますが。。

二子山親方、心よりお悔やみ申し上げます。
その追悼の意を込めて。。。

あなたがつぶやく最期の言葉

いい死に方をするためには、いい生き方をしなければなりません。
今のあなたなら、こうやって死ぬんですよ。。。って占いです。

って、結構ひどいこと言われてる人もいるそうなので、
本気にしないようにね。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-31 09:55 | あやと

人気漫画

昨日森本さんとか、なっちゃんとかが出てる夜中のニュース番組で
「NANA」が売れる理由とか、そんな特集をしてました。

「NANA」にはまる若い女性とか、等身大とか、自分と「ナナ」「ハチ」を
重ねあわすとか。。。そんなことをしゃべってました。

なんか、プレステのソフトで、「ナナ」のシュミレーション?が出てるらしいよ。
プレイヤーは「ハチ」になったり、「ナナ」になったりして、恋したり
バンドしたりするんだろうね。きっと。

「NANA」より売れてるコミックの、売れる理由はどう処理されるのかねぇ。

ルフィーに、自分を重ね合わせたりするのかしらん。
少年ジャンプ系は、王道みたいな設定がある気もするけど
そういうの考えると読者としてはつまらんよ。

森本さんは、昨日の番組内で、特集をみて、初めて「NANA」の存在を知ったわけ。
まだ「NANA」自体を読んだこともないし、
ディレクター陣が勝手に企画して作った映像だけ見させられてだけなのに、
良識ある大人のコメントしなければいけないんだから。

大変なお仕事だ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-30 12:56 | あやと

ヘはヘモト

昔、まだ自分が子供の頃の話です。

学校の授業中、うっかりオナラをしてしまい、バレるのが恥ずかしかった自分は、「クセ〜、誰が屁した!クセ〜、クセ〜。」と騒いでいたら、

友達が「お前だな、屁をしたのは。絶対にお前だ。」と言ったので、
「なんで、わかるんだよ。」と聞き返したら、
「『ヘはヘモト』って言うんだよ。臭いって最初に言った奴が犯人なんだよ。」と言われました。

「ヘはヘモト」

それ以来、臭いと言った人を犯人だと思ってます。

しげ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-29 21:05 | しげ

カールゴッチ

私はかなりのくせっ毛です。

少し髪の毛を伸ばすと、頭の両サイドが上に向かって「クルン」なんてカールして、田舎貴族みたいな感じになるのがいけ好かないので、モノゴコロついてからあんまし髪の毛を伸ばしたことがありませんでした。

あ、小さい頃は長髪な時がありました。私は三人兄弟の末っ子なのですが、女の子が欲しかった両親は、小さな私を女の子として強引に育てようとしたらしく、小学校の頃はずっと髪の毛を肩まで伸ばさせられていました。ヤでしたね。

最近また髪の毛を伸ばし始めた所、何人かに「パーマかけた?」と言われました。でも一番脱力したのは、先日帰省した折、母親から「あ、ヒデくん、パーマかけたんだー。いいねそれ。」と言われた時です。

違います。あなたの息子は天パなのです。


                                          ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-28 13:20 | ひでみつ

喧嘩をやめて。二人をとめて。

「マスターキートン」が絶版らしいです。
なんでも原作者と、漫画家がもめてるんだそうな。
浦沢さん。。。20世紀少年はちゃんと終らせて欲しいな。
プルートウは、二巻にして早くもつまり気味よ。

原作と画が、別れてる漫画って、面白いやつが結構あるような。
北斗の拳とか、ヒカルの碁とか。
そういえば「キャンディーキャンディー」も大モメしてたよね。
裁判沙汰になってたし。どっちが勝ったんだっけ?

あれだけの大作になると、動くお金(印税)もとてつもなく大きいから
それを独り占めしたくなるのかしら?
でも大概いちゃもんつけだすのって、原作者だよね。
漫画って「絵」の印象強いから、読者はどうしても漫画家の作品だって
認識しがちなのかしら。まぁ、そうだよね。
シャクなんだろうねぇ。原作者にしてみれば。

「武論尊はやっぱりいい原作書くよねぇ」って普段から言ってあげないと
北斗の拳も読めなくなっちゃうね。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-27 11:52 | あやと

セブンイレブンを「イレブン」って言う人っている?

ちょっと前にも書きましたが、コンビニの店員さんに恋しておりました。
もくもくと仕事してる感じがちょっとかっこよい子なんですけど、笑顔は見たことありません。
僕が行くときは、大抵棚の整理とか陳列とかを、店長とやってるんですけど(あれって、時間帯とか、そのシフトでは誰が担当するとか決まってるんだろうね)、僕がレジに並ぶと、「二番目にお待ちの方どうぞ」って例のアレを言ってくれます。テキパキ。

でもですね、そんな彼女にある朝横断歩道で遭遇したんですが。。。
ショックでした。
ギャルでした。そんでもって女子高生でした。ものすごく今時の女子高生でした。
もちろんカワイイっちゃーカワイイんですが、働いてるときよりなんか化粧してるし。。。(アイシャドウ?アイライン?目のとこが水色でした。決して嫌いではないです。)
なんかね、ギャップがね。
違うな。制服だな。
女子高生の制服姿がちょと怖い。苦手。ちょっとした圧迫感があるよ。
特に集団でいるとね。うるさいし。

制服フェチがまったくないわけではないのだけどね。
女子高生制服とかセーラーとかは、あまりね。専門用語で言うと「萌えない」?かな。

制服ってあんまり洗わないから、高校の教室って独特の匂いが充満してたね。
                                                    あやと
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-26 12:29 | あやと

湯船のお湯を洗濯に使ったことないよ。

おととい(これって、おとついって言い方もあるよね。どっちが正しいとか、なんか色々あるのかな?)の夜、入浴中に事件がおこりました。
お風呂場の蛇口、お湯のほうだけ、ひねってもお湯が(水も)でてこなくなっちゃいました。
その時僕は湯船からあがって、頭(髪)でも洗おうかしら、、、なって思ってたときだったんで、すんごい切ない気持ちになりました。
結局蛇口は直らず、湯船のお湯で頭(髪)洗ったり、体流してたりしたんですけどね。
普段体を洗う時は、ほとんどシャワー派なんで、なんか懐かしい感じもしました。
小学生の頃は湯船のお湯で流してたような気がします。

そんなこんなで、大家さんに電話をしまして、仕事にいっている間に直してもらって
ちゃんと昨日はお湯がでました。
普段あたりまえに使ってる物が、いきなり使えなくなると大変困りますね。
でも、それがなかった時やそれがないがゆえに、ちがう方法やアイデアが浮かぶこともあります。
世の中便利になりすぎてるのかしら。

電気ヒゲソリ(シェーバー)を買いました。ブラウン。便利です。
                                           あやと
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-25 10:28 | あやと

大量発生

あいつら。
「アブラムシ」のやつら。やばいよね今年。
めっさ飛んでるよ。朝とかすんごいよ!
わたくし、チャリ通なもんだから、服とかアブラムシだらけ。
髪の間にもはいっちゃってとれないし。
そうそう、取ろうとしても、つまむと潰れる。
あれ、電車通勤の人達はあんまり感じてないみたいね。

あんだけいると、テントウムシもお腹いっぱいだね。
この前、ちょいと用事があって、上智大学のキャンパスに入ったんだけど、
もう粉雪のように、アブラムシが飛んでいて、気が狂いそうだったよ。

そしたら、喫煙所のとこにおいてある灰皿の上に、
テントウムシの幼虫があるいてて(幼虫もアブラムシが主食)
「頑張ってね☆」って声をかけときました。

テントウムシが大量発生したら、それはそれで困る。
                                  あやと
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-24 10:40 | あやと

犬おばあちゃん

今日の夕方、自転車に乗って区民農園に向かっていたのですが、その途中の青梅街道で、一人のおばあちゃんが同じくチャリで道の向こうからやってくるのに気づきました。

私と彼女は同一線上に位置していたので、私は5mくらい手前で正面衝突しないように右にサッとハンドルをきってすれ違ったのですが、その時、ある不思議な出来事が起きました。

おばあちゃんは、私とすれ違いざまにびっくりするくらいの大声で「ウワオォ~ン」と絶叫しながら通り過ぎて行ったのです。けっこうな声の大きさでした。私はペダルを漕ぐ足を止めて後ろを振り返って見たのですが、道の角を曲がったのか、おばあちゃんを見つけることができませんでした。

でもなぜなのでしょう。

①「ぶつかりそう!」と思ったが、とっさに言葉が浮かばなかった。
②チャリを漕いで少し汗ばんだ青年男子のフェロモンに、「野生」が呼び覚まされた。
③江戸屋猫八の奥さんだった。
④12歳まで野犬に育てられていた。
⑤おばあちゃんに見えたけど、実は犬だった。


                                           ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-20 23:10 | ひでみつ

魂の交流

それにしても先日のGarageでのライブは盛り上がりましたね。べつに股間の話じゃありません(ステージの上で盛り上げてた人もいたみたいですが)。

私がステージに「サルバンチョウ~」と出てきた時には、オーディエンスの皆さんの多くが「こいつは困ったな」的な笑顔を浮かべ、あからさまに二、三歩引いていた方もいらっしゃいました。隠してもダメです。朝礼台の上からはよーく見えるんです。

しかし、最後の曲の頃にはみんな暖かい眼差しで応援してくれて、中には可憐な女性達が一緒に「みんな下ネタが~好きなお友達~♪」と歌ってくれたりと、状況の説明はしづらいですが、あの晩確かに私達の「何か」が皆さんに伝わったと確信することができました。間違っていたら言ってください。

「音楽で大事なのは、伝えること」と、上海音楽学院教授の谷村新司も言っていました。真理ですね。さすがは元アリス。大借金をこさえて地獄を見てきた人は言うことが違います。

私も声を大にして言いたいと思います。
「忘れないで、お金よりも、大切なものがある。
忘れないで、あなたよりも、大切なものはない」

伝わりましたか?
                                   

                                   ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-05-17 15:23 | ひでみつ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE