<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

そういう時期

もうすっかり年末です。
仕事収めは28日だけど、朝のラッシュもだいぶ緩和されてきました。もうお休みの人も多いのだろうね。顧客の種類によるんでしょう。客がいないのに仕事なんてないものね。

僕はクリスマスよりも正月が近づくほうが、心躍る人間です。
べつに年末だからといって、正月だからといって、僕個人が特別なことをするわけでもないし、自分が生まれ育った家庭も、特に伝統行事に順ずるわけでもないんですけどね。ただ、テレビやなんかでクリスマスイルミネーションが映るよりも、買い物客でごった返すアメ横が映るほうがいい気持ちになります。

初詣も好きなイベント。今年はどの神社にいこうかなぁ?なんて、これもおかしな取り組み方ですけど。。。とりあえず明治神宮のおみくじは、大吉とかそういうことが書いてないんでおもしろみがないです。その代わり、取りようによってはどうにでも取れる和歌が書いてありますけど。

実家には、何日に帰ろうかしら。。                       
                                                 あやと
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-28 09:47 | あやと

エロス

僕もちょっと真面目な話をして良いですか。

よく周りのチンポが付いていない性別の人から「ひでみっちゃんて下ネタ好きだよね~」とか「そのセクハラ、どうにかならないの?」とか言われます。違います。人生とは「エロ」です。もっと言えば、芸術とはエロイものなのです。ピカソだってエロ画を書きまくっていますし、「千恵子抄」に到っては完全に官能小説です。

私も他の芸術家と同様、無理解な周囲に苦しめられてきました。大学の合唱部では、あまりに女子部員との芸術行為に走ったために部内の迫害を受け、バンドサークルに逃げるように加入したのがロックとの出会いであり、新白河みのるの誕生した背景でもあります。

なんのことはない、真面目な話です。

                                            ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-27 23:09 | ひでみつ

選択

 ちょっとまじめな話を。

 最近、僕のまわりで、色々と進むべき人生の道を自分の手で決める人が増えています。始める人、やめる人、戻る人、各々の位置は違いますが、皆それぞれの判断で決めています。選択をする、決意をするということでは皆同じです。物事に結論を下すのはとてもパワーがいるし、それまでの間、自分の中で色々なことを考え、思い悩んだと思います。決めた人それぞれの考えを聞いてると、その人の人生がすこし垣間見え、感慨深くなります。
 必然的に、その人たちと比べて、自分は何を決断したんだろうと思うと、それほどの大決断はなく、小さな決断をしながら大決断にむけての判断材料を重ねている段階の様な気がします。多分、大したことはないと思いますけど...。

 しげ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-27 02:46 | しげ

整理

今日、部屋の掃除をして、もう読まねーなと思われる本を段ボールに箱詰めしてました。そしたら、出てくるわ出てくるわ、こんなの買ったんだけ的な本が。へー、俺って知的じゃんと思う時もあれば、時代に流されてるなオマエ!、という本もありました。知的な本は何度も読み返すには体力いるし、読みたい人が古本として手軽に買っていただければという気持ちで段ボールに丁寧に入れますが、なんか、俺の言いたいことを聞け的な自己主張の激しい本(いわゆるタレント本のたぐい)は、売れてモトがとれればいいぜ、こんちくしょう!という気持ちで段ボールに入れます。
でも、読まないかもしれないけど、売るのはもったいないな〜と思って本棚におさまる本もあるわけです。

やっぱり、人様にお金を払って長い間満足させるのって難しいですね。なおかつ、その人のマストアイテムになるのは相当凄いことだと思いました。

しげ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-21 03:23 | しげ

上のガキ

僕は新居は1階です。んでもって、2階の住人がうるさい。
家族なんですが、そのガキがうるさい。家の中でボールついてやがる。
そのおかげで、土日は昼過ぎまで寝よう!なんてことは出来ません。ちゃんと10時には起こしてくれます。ですが、僕を起こした後、その家族は出かけていくんですね。車で。先週もそうでした。そうすると静けさがもどってきます。「パパ・ママ!早く出かけようよー!」的なジタバタ騒音なんですね。きっと。

そんなことが分かったからって、殺意は消えません。

僕のところは一日中騒音が続くってわけじゃないから、別にどうってことないですけど、「上の階の住人の出す騒音でノイローゼになり、殺してやろうと思った。何度も注意したが聞く耳をもたないので、頭にきた。」なんて殺人動機を聞いたことありますもん。

どうせ子供なんて言ったって聞かないですからね。音出せないようにするのは理にかなってますけど。物騒な世の中です。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-20 09:30 | あやと

じょうぶなからだ

風邪をひきました。

昨今はノドに来るやつがホットなようで、1週間程ハスキーヴォイスが続きました。病気の間、ボーカルとしてこの先治らなかったらどうしようとか、でも上田正樹みたいな声になるのもシブイかもとか、ボーっとした頭で色々心配し、あやとさんやしげにも相談しようとも思いましたが、二人ともそれぞれすこぶる機嫌が悪いようなのでやめました。そしたらいつのまにか治りました。

孤独は人を強くしますね。

                                          ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-19 20:10 | ひでみつ

むかむかする Part.2

 グラフィックや写真、映像などのいわゆるクリエイティブな仕事、というのがありますけど、世間では「かっこいい」とか「いけてる」のがクリエイティブなことになってます。そういったスタイリッシュな仕事をするとクリエイティブに見られるんですが、それに関して僕はどうかと思います。
 でも、本当にクリエイティブな仕事というのは、ちょっと前のユニクロみたいな新しい企業を、ユニークな広告で一挙に社会に認知させるのが本当だと思います。いわゆるおしゃれなファッションの仕事をしたとしても、被写体がすでに洗練されてるわけだから、それなりのものになるわけです。それなりのものって人の目を引きませんよね。でも、ユニクロみたいな一般向けの衣服をあんなに魅力的に見せる方が難易度は高いです。結果として、ユニクロはスタイリッシュになってますけど、スタイリッシュにしたことが重要だと思います。
 ちょっと前に、知り合いのディスプレイデザイナーの人と飲んだ時に、「ユニクロみたいな新しい企業の仕事がしたい。」と言った時に、何か良いなと思ったし、この人は新しいことにチャレンジしたいんだなと感じました。でも、Nikeなんかの仕事がしたいクリエーターって有名になりたいだけですよね。したい気持ちはわかりますけど、本質的な部分でクリエイティブがどうかというと、Noだと思います。
 プラスαを加えるのがクリエイティブな仕事だと思う、今日この頃です。

しげ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-15 06:50 | しげ

むかむかする

散々熱弁を振るって、これでもかってぐらい理路整然と、おもしろおかしく、分かりやすい例まであげて説明してやったのに。

「なるほどねー。でも私はきっと違うなぁ。ひとそれぞれよねー。」

世の中なんてこれです。憲法によって守られてる基本的人権にあぐらをかいて「私は私だから」なんて簡単に使える。そのくせ、尊敬対象にある意見にはちゃんと洗脳される。

少年よ、権力を握れ!
                                               ダーク・あやと
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-14 17:30 | あやと

シブいねぇ

先週末、群馬にある実家の崩壊寸前の壁をモルタルで補修しに帰った際、母親がうれしそうに「荷物から出てきた」と、昔僕が渡した少年ジャンプのプレゼント葉書を僕に見せてくれました。41円切手が既に貼られたその「ジャンプオールキャラ スーパーファイトプレゼント係」宛てのハガキは、裏の銀はがしのクイズに全問正解しており、「プレゼント希望コース D」と中学三年生の朴訥な字で誇らしげに書かれていて、「つーか、何で出してくれてねーの?」という怒りもそこそこに、私を午後のグッド・オールド・ワールドなひとときへと誘いました。

胸に温かいものがこみ上げてくるのを感じながらハガキの表を見ると「今週号でおもしろかった作品に○印をつけてください」という例のアンケートがあります。当時はDragon Ballを始め、ターちゃん、スラムダンク、ジョジョ、花の慶次、珍遊記、タルるートくんと、なかなか粒揃いな作品が連載されていました。

15才の私は、それらの豪華作品には目もくれず「アウターゾーン」「モンモンの相撲遊戯」にしっかりと○をつけていました。

少しへこみました。

                                             ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-13 14:41 | ひでみつ

映画館

今日は、巷で話題のキムタクが出演した「2046」を観に、久方ぶりに映画館に行ってきました。マトリックスリローテッド以来です。
映画はとてつもなくつまらなかったけど、映画館のノスタルジックな雰囲気を満喫してきました。銀座のシネパトスという、ロードショー公開が終わった映画を見せる総席76というとてつもなくローカルな映画館なのですが、BGMにはナットキングコールがかかって、いわゆる渋い映画館なんですよ。
一般で入るとポップコーンの割引券をもらえたり、コーラを頼むとカップじゃなくて瓶で出てきたり、ポップコーンとコーラを頼んで合計220円なんて、考えられない値段ですよね。
あのノスタルジックな雰囲気はいくら設備が良くなっても残るんじゃないですかね。

しげ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-12-11 01:38 | しげ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE