iPhoneを1ヶ月使用してみて。

いやいや。予約しました!!と大興奮でブログ書いてから
もう2ヶ月も以上も経っていたんですね。

ようやくiPhoneとの生活に慣れてきたので、「本当はiPhone興味あるけどアップル製品に飛びつくのは危険だし、そもそもブームに乗ってる感じは格好悪い気がして・・・。でも実際どうなの?使えるの使えないの?」という人のために、僕なりのサジェスチョンを書こうと思います。結構長いのでお暇な時に読んで下さい。

まず凄く私的な感想から。
僕は、ずーーーーーーっとソフトバンクユーザー(正確はJ-PHONE、vodafone)であったわけですよ。なのに予約したiPhoneの配給順が回ってきたのは他キャリアからの新規申込が一巡した後!!!もちろん販売戦略的に新規ユーザーをまず先に扱いたいのは分かりますよ。これにはほんと腹が立った。というか機嫌が悪くなりすぎて周りに迷惑をかけた。だって会う人会う人「もう手に入れた??」って聞いてくるんだもんよ!!

で、発売開始から1ヶ月以上たったある日、ようやっとソフトバンクショップからの入荷連絡が。待ちに待ったiPhoneとの出会い。ショップでは平静を装ってましたがむっちゃ興奮してたし、速攻家に帰っていじるわけですよ。ところが・・・。

それから2週間というもの、イライラしっぱなしでした。
なんどiPhoneを投げてぶっ壊そうとしたことか!
iPhoneの駄目な点はネットで探せばいろいろ書かれてると思いますが、
僕が苛まされたところは2点。
1.電力消費
2.かな文字入力
まずねー、ほんと電池を食いました。朝40分くらいの通勤時間iPhoneで音楽を聴いただけで20%ぐらいの電力を消費しちゃってました。メールを4〜5通送って、ちょろっとインターネットして、2〜3分電話して帰宅時に音楽を聴こうとすると「バッテリー残量10%」なんて警告が出るもんだから、聴かずに帰るなんてことも。用もないのにちょいちょいiPhoneいじってるもんだから、そりゃ電池も減るでしょってとこも否定できませんが。
2つ目はかな文字入力。これは酷かった・・・。iPhoneは世界中で販売されるために各国の言語に合わせたキーボードが予めプログラムされていて、ユーザーは自分にあったものを選ぶようになってます。日本で買うとデフォルトで英語と日本語のキーボードが選択されてます。フリックという特殊な入力方法を覚えれば、同じボタンを何回も押さないといけない従来の方法より遥かに速く入力できるし(たぶん)、タッチパネルの利点を生かした実に素晴らしいことだと思うんだけど、もうね、基本的に重すぎでした。重すぎて文字打てねーっつーの!!結局ファームウェア(基本プログラム)が原因だったと思うけど、「ありがとう」って打つのに2〜3分かかることもしばしば。「あ」って文字を選択して画面に「あ」が確定されるまでに次の駅についちゃうんですよ。。。ほんと酷かった。何が酷いって、この症状をiPhoneを僕よりも早く手に入れていた友人・知人・親類が教えてくれなかったこと。人って怖いわ。。。

でもね、今月に入って、「ファームウェア2.1」というのが配布されまして。
こいつによって、iPhoneは「劇的」に使いやすくなりましたよ。
アップルも「劇的に改善します!」って言ってるしね。ほんとでした。
消費電力も明らかに改善。iPhoneで音楽を聴く事が怖くなくなり、ようやくiPodを持ち歩かなくてもよくなりました。かな文字入力はほんと「劇的」な改善。びっくりするほどスムーズになったし、音楽聴きながらでもメールが打てるようになりました(アップデート前は、音楽を聴きながらメールを作成してると、iPodから流れる音楽はプツプツ途切れるし文字入力は固まるしで最悪でした)。

恐らく、出荷時にファームウェアが万全な体制でないことは開発者は分かってたと思います。でも、デッドラインは決まっていたんだろうね。。。世界同時発売とかやっちゃってたし。mobilemeとか周辺サービスも同時リリースだったから、そりゃひずみも大きくなりますよ。でもさー。それによって悪評立つのってどうなんだろう???結局iPhone買うのは改善を待てるアップル信者だけになっちゃうんじゃないだろうか。

以上、簡単ではございますが、最大の不満点2点があり、それは解消されたという報告になります。やっと愛着がわきはじめました。APPも面白いの沢山あるしね。満足してますよ今は。依然残る不満点は以下。
1.値下げしたとか言ってますが、パケット代を5985円以内に納めるのは至難の業だと思います。僕なんか1ヶ月でパケ代21万円です。結局割賦代、通話料金と合わせて月々1万円はかかるんだろうなぁ。
2.メールクライアントとしてiPhoneを見た場合、「mobileme」をメインアドレスとして使うのが一番便利に設定されてます。受信した時に音もバイブも画面表示もあります。でも、1年間で9800円の有料サービスです。「SMS」はソフトバンクユーザー同士しか使えないし、恐らくほとんどのユーザーが使うであろう「i.softbank.jp」はサーバーがメールを受信したって通知が表示されるけど、その時に音もバイブも出ません。メール来てないかなぁ?って調べると本受信します。IMAP形式だからしょうがないといかそういう事じゃないですね。「mobileme」では音でますから。。。このあたりはアップルとソフトバンクの駆け引きが見えて嫌な気分にさせられます。

まぁ、それでも可愛いやつですよ。最終的には見た目がかっこいいから許す的なとこもありつつです。だから見た目的に「ゴキブリの卵みたい」とか感じる人は買わないほうがいいと思います。意外と小さいが、やっぱり大きいしね。ていうかこれ以上小さかったらアメリカ人なんてタッチパネル操作できないかも。

b0063361_2883.jpg

ストラップは懐かしのビッグ10です。25周年記念のグッズです。
iPhoneにはストラップが付けられないのでケースに付けてます・・・。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2008-09-22 01:22 | Apple関連

<< クレッシェンドは今日も雨だった 恐怖!!心霊写真・・・。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE