mac用のフリーウィルスチェックソフト

僕の周りにはmacユーザーがぞろぞろいます。
でもやっぱりウィルス対策にはかなり無頓着。
実際のとこどうなんだろうね。増えてるのかねぇ。
ユーザーが増えてきてるっぽいから、狙われてもおかしくないけど
それでもwindowsと比べるとかなりのマイノリティだからなぁ。
ウィルス作る人も費用対効果みたなもの意識するだろうしね。

windowsにはゴロゴロ存在するフリーアプリですが、
macってそういうもの自体が少ない。
というかmac専用のキラーアプリを使うために
macを買うみたいなとこもあるし。

ご多分に漏れずウィルス対策ソフトも全然なかった訳ですよ。
でもね、さっき探したらよさげな奴がありました。
ClamXav
leopardにもちゃんと対応してるし、定義更新もマメみたい。
早速ダウンロードしてみた。

zipを解凍して、アブリアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグ。
プラグイン(ScanWithClamXav.plugin)をライブラリのContextual Menu Items
(なければ作れって書いてある)へコピーすれば準備OKみたい。
んでもってアイコンをダブルクリックするとインストラーが作動しました。

基本的にはウイルス定義ファイルを更新して、
自分で対象のフォルダを選択してスキャンをさせる。みたいな使い方。
あれ?それって「感染してる!」って結果が出たところで手遅れなんじゃん?
なんて思ったら、環境設定のとこに「監視」ってやつを設定できるようになってた。
ウィルスが入ってきやすそうなとこ(例えばダウンロードフォルダ)とか指定して
おけばそこを見張ってくれるみたい。

macユーザーは是非お試し有れ。
ただ、フリーだからこのソフトで障害が発生しても誰も助けてくれないよ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2008-04-15 22:40 | Apple関連

<< iTunesを活用する 北京にオリンピアの火は灯るか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE