エルドラド・アキバ

秋葉原へ行った。

「徐々に弾ける!川北彩人のギターキャンプ」用のDVDケースを購入するためだ。御茶ノ水での仕事が夕方に終わったので、そのまま徒歩で移動。電気街の看板は御茶ノ水駅前からも丸見えなので、10分くらいてくてく歩いたらすぐ着いた。

うろうろしてたら、記録用メディアの専門店を発見。そこで白いDVD用ケースが5個で180円。安いのか高いのかわかんなかったけど、棚には40個くらいしかなかったので、とりあえず全部購入した。

んで外にでたら、隣に18禁書籍の専門店が。店の入り口上部のでかい看板に恍惚とした女性の絵がビシバシ描かれている。かに道楽みたい。とりあえず入ると、こじんまりした店内の四方には当然の如くエロ書籍がびっしりと並んでいる。客は俺一人。若い地味なメガネ女性が黙々と棚卸しをしていた。なんか不思議な「気」のようなものを感じ、すぐに店をでた。

帰りがけ、そういえば家の布団乾燥機のタイマーがこわれてたっけ…と思い出し、タイマー機能付きコンセントみたいなのを売ってる店はないかなーと探した。そしたら、「電子機器のタイマー部分専門店」みたいなのはあった。なんかキオスクみたいな店で、所狭しとタイマー部品ばっかし佃煮のように売っている。でもなんだか話すのがめんどくさくなったので、そのまま家路に着いた。

いやあ、なんでもあるね、秋葉原。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2008-01-28 18:45 | ひでみつ

<< エジプトはナイルの賜物 いろいろな生活に合わせたプラン... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE