下ネタって、なんだろう?

恥ずかしい話ですが、私はこの問いかけに、まだ答えを出せずにいます。別に「また清水さん下ネタばっかり言って~」と仕事先で指摘されたりとか、「それしか考えてないの?」と女友達にさげすまれたりしたからではありません。

でもホント、シモとそうでないものの38度線は、未だに図りきれずにいます。毎回ライブのケツには、「みんな下ネタが好きなお友達~」と歌い歌わせているのにも関わらず、です。

もし不治の病に侵されたみのるファンの少女がいて、彼女の最後を看取る際、「ねえ、ひでみつおにいちゃん、ゴホッ…下ネタって、なんなの…?」なんて灯火の消えかけた目で尋ねられたとしても、おにいちゃんには返す言葉もありません。ごめんな。

でもね、ひでみつおにいちゃんに言わせると、この世に下ネタじゃないものなんてないんだよ。そう、世の中のもの全てが芸術のように。下ネタは、みんなの心の中にあるんだ。

ボクがそういうと、彼女は「バカじゃない?何言ってるかわかんない。アタシ帰る」そういって、五反田の夜の街へと消えていった。


                -完-


そういえば学生時代、後輩で下ネタ好きな男の子がいて、皆から「シモ」って呼ばれてました。奇しくもラッパーのSEAMOさんと同じ名前の由来です。

しかし、彼がSEAMOと大きく異なるのは、シモ君は下ネタを「聞く」のが好きであって、自分から話すことはあまりなかったということです。彼はよくキャンパスの溜まり場で、私や彩人さんが話す下世話トークを、まるで美味い冷酒をあおる新橋の親父のように、満面の笑みで聞いていました。

そんな彼もこないだ結婚しました。歳食うはずだぜ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2007-10-17 19:39 | ひでみつ

<< YOUNG MAGAZINE アタシ、信じてる >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE