アタシ、信じてる

またしても宗教がらみの悲しい事件がありましたな。

*******************
宗教法人「紀元会」を捜索 暴行死で少女を逮捕 長野(MSN NEWS)

長野県小諸市のすし店経営、奥野元子さん(63)が、宗教法人「紀元会」の会員から集団暴行を受けて死亡した疑いが強まったとして、長野県警は15日、傷害致死の疑いで、同市の紀元会本部などを捜索、同容疑で信者の少女(17)を逮捕した。(中略)
紀元会は昭和45年に設立された神道系の新興宗教法人で、同県内に複数の支部を開設。「紀元水」と名付けた水を飲むと不治の病が治るなどと宣伝していた。
*******************

日頃から、我々新白河みのるが楽曲「俺について来いPart2」等で散々警笛を鳴らしているにも関らず、このような事件が起きてしまう事に自分達の無力さを痛感せずにはいられません。やっぱりここはポップジャムあたりにさっさと出演して、社会的認知度を上げなくては。あ、その前にタマロックシティだ。皆さん宜しくお願いします。

このニュースを見て、うちの祖父も怪しい宗教にはまってたことを思い出しました。私が幼稚園児の頃などは、たまに総本山に連れてかれましたけど、ホント最悪でしたわ。

群馬の実家から車で何時間もかけて、山の中の神社みたいな施設に行くんですよ。爺さんのクラウンの運転がまた頭文字Dかよ!っていうほど特攻(ブッコミ)で、途中で止めてもらって死ぬほど吐いてると、「これをなめれば吐き気はおさまる!」とかいって爺さん愛用の超ストロングなニッキ飴を口に押し込まれてまた吐く、というのを5回くらい繰り返してると施設に着くんですが、本当のお楽しみはこれからだった。

その施設に着くと、まずキッツイ塩水でうがいをさせられます。その宗派の教えによると塩は邪気をはらってくれるんだって(自動車工場を経営していた祖父がそれを真に受けて、会社に塩を撒きまくって設備を錆びだらけにしたのはまた別の物語)。あ、でも胃液で気持ち悪かった口の中がいい具合に洗い流されてたかも。なんだー効果あるじゃん。

その後、ダチョウ倶楽部なみの熱湯風呂で体を清めたあと、朦朧とした意識で施設の中をめぐり、「願いが叶う橋」を渡ったり、「万病に効く水」を飲んだりしました。ひとビン何万円もするしろものだって言ってました。まあ万病に効くのなら、安いもんだよね!

そのビンには『紀元水』って書いてあったなあ。

…あ、あれ?
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2007-10-16 13:05 | ひでみつ

<< 下ネタって、なんだろう? 秋は思索の季節 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE