さっきまでこんな夢をみてた

中東ぽい町の広場の中央。風が強く砂が舞っている。人はまばら。

でっぷり太ったアラブ女と、その娘(5歳くらい)に向かって、太い黒ぶち眼鏡をかけた短パンの若い白人男が、銃を振りかざし何か激昂している。女は魚のアンコウみたいな顔をしており、娘ともに貧しい身なりだ。激しい身振り手振りで、白人とののしり合っている。

そのうち、怒った白人が女に向かって銃を何度も撃つ。威力で彼女のあごの下から腰までふっとぶ。女の胸や腹はえぐりとったように無くなるが、脊髄の部分は残っているのでなぜか死なない。

女は叫び続けているが、その開いた大きな口の中はぽっかりと空洞で、あらわになった背骨やら胸郭やらがのぞいている。そのうち広場にいたほかの地元民ぽい男達が、白人男を捕まえ射殺する。

子供が狂ったように叫ぶ。「お母さんが貯金箱みたいになっちゃった!」母親も叫ぶ。「ええ、私は貯金箱!貯金箱よ!」

*********************

なんでこんな夢みたんだろう。昨日夜遅く、レバ刺を二人前も食べたからかなあ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2007-06-06 08:44 | ひでみつ

<< さっきまでこんなとこに行ってました。 あたし待つわ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE