名前負け

自分の子供の名前に「香(かおり)」って、なかなかつけられないと思うんですよ。だってこれ、においのことだべ?これで体臭が濃かったりしたらどうするのかとドキドキします。「『かおり』っていうだけあって、やっぱり…」なんて同僚のOLから陰口叩かれたりするんでしょうか。許せん!

でも良く考えると、名前そのままの人ってそんなに居ないものですな。太ったフトシさんとかに会ったことないもの。

全国には、「貧乏な豊さん」や「凶悪犯の良男さん」、「親に暴力を振るう孝くん」、「勉強のできない勉くん」、「ヤリマンの操さん」、「おちこぼれの優子さん」などが、今日も名前負けのプレッシャーと戦いながら一生懸命生きているのでしょうか。

操さん、会いたい…。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2006-12-20 16:47 | ひでみつ

<< トイレにて父を想う Power to the REC >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE