ある愛の物語 2

時は流れ、ボクは高校を卒業しましたが、大学にも行かず、働くこともなく、自然に実家2階の自室から出てこなくなりました。でも平気です。ご飯や着替えはお母さんが運んできてくれるし、欲しいものはネットショッピング(代引き)。パソコンを通じて出会った仲間もいます。

年末もおしせまったある寒い日、両親は職場に、妹は学校に行ったのを見計らって、ボクは部屋を出ました。廊下の途中にある妹の部屋に入り、いつものようにタンスの下着入れの部分をあけました。すると、小さなメモと包みが入っています。

つづく
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-12-14 18:56 | ひでみつ

<< 皆様ありがとうございまいした。 ある愛の物語 1 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE