すばらしい吹き抜けだ…

うちは閑静な住宅街にあるアパートの2階なのですが、すごくゆれるのです。地震の時はもちろん、前の道をゴミ収集車なんかが通ったりすると、もうぐらんぐらんです。そんな我が家の前を恐ろしいことに、今朝方、道路工事の大型車両が通過しました。

朝の7時過ぎころだったと思うのですが、遠くの方から「キャタキャタキャタ…」とキャタピラ音が聞こえてくるではないですか。すでに音が聞こえてきた時点で軽く振動しはじめる部屋。そして、車両が近づくにつれて揺れを増す本棚たち(主にマンガ)。もうだめかと思いました。ドイツ軍が攻めて来たー!気が付くと私は、布団の中で息を殺しておりました。いや怖かった。

加えて我が家は、通気性も良いのです。この間の夜布団に横になりながら、なんだかシャンプーのいい匂いがするなーと思ったら、下の住人がお風呂に入っているところでした。え、意味がわからない?要するに、アパートの壁のいたるところに隙間が開いているものだから、下の階のお風呂場の湯気が壁の間の空間を伝って、また隙間から私の部屋の中に入ってきてたのです。

これに比べれば、姉歯さんの設計したマンションなんて立派なもんすよ。震度4強まで耐えられるんでしょ。じゅうぶんじゅうぶん。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-12-06 13:34 | ひでみつ

<< 寝るのが好きだー! 冬作 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE