アンダジャラー

人を笑わせるのは好きなのですが、ごくまれに「この笑われ方はイヤだ」と思うときがあります。その一つが「自分の発言の中の駄洒落部分を指摘されて、笑われる」時ではないでしょうか。

例えば、友達が「ヒゲを剃ったらかみそり負けをして凄く痛い」と話していたとしましょう。その剃り跡を見て、あなたは「おお痛そう、悲劇だね」とコメントします。それを聞いた友達が「ヒゲを剃ったらヒゲキか、うまいこと言うな~」なんて笑い出す、そんな経験はありませんか?

こちらは全然そんな意識は無かったのに!笑いの要素を先に指摘された悔しさと、俺ってそんな低レベルなセンスを持った人間と思われてる?という戸惑いと、心は激しくウロタエます。んでもって、友達は口では「うまいこと言うな~」と笑っていますが、彼の目は「お前、人の不幸をネタにしょーもない駄洒落言って…まあ、いいけどさ。」とあきれている風にも見えてきます。んで周りの女の子達が「ヒゲ剃ってヒゲキだって、ひでみつ、うける~」なんて大声で言い出した日にはもう最悪。この場合、死ぬほどこっ恥ずかしいのは、アゴの皮膚が弱い友人ではなく、私です。

ああ、想像しただけで恐ろしい!俺はそんな駄洒落なんか言わないよ!言ってる?

         
                                                 ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-08-10 10:33 | ひでみつ

<< 前に進もう! 朝の音楽 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE