ホラー

和製ホラーが米国で人気らしいですな。リング2も全米興行収入一位になったとかで、こういう場合も「全米が泣いた!」なんて言うのでしょうか。

アメリカ人の知り合いに言わせると「アメリカのホラー映画と違って、怖さがシャレになってない」とのことです。そりゃハリウッドホラーは怖がるためにみるもんじゃないですからね。彼ら彼女らは「あ、こいつ一番に殺されるゼ~」とか「オー、ヒーイズイントラブル!」なんて大騒ぎしながら見るのが愉快な仲間同士での楽しみ方。映画は黙って見ろっつーの。

でも、怖いもの見たさという欲求は始末が悪いようで。私も凄く怖がりの癖に、テレビをつけて「リング」なんかやってると、「全然余裕じゃん…」なんてコワゴワ見続けて、気が付いたら真田広之がありえない形相をして貞子に襲われる場面になり、あわててバラエティにかえながら激しく後悔することもしばしばです。あんなもん地上波で流すなんてどうかしてますな。老人なんかが見たら失禁とかしてしまうのではないかと心配です。

でも、「怪談ロック」とか作ったら面白いかもしれないですね。「次は、僕の友達のお兄ちゃんの知り合いが実際に体験した話をもとにした曲です」とかいって。TUBEみたいに夏場の営業だけで一年分稼げるかも!

だめっすか。

                                              ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-04-05 13:37 | ひでみつ

<< タイミングを計れ! 笑ったり笑われたり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE