患畜?

一昨日、ガングリオンをやっつけました。別にジオンの新型とかの話じゃありません。

人間の関節には、動きをスムーズにするための脂肪袋みたいなものが骨と骨の間に挟まっているらしいですな。んで時たま、関節を使いすぎるとその袋の一部が変形し中身とともに皮膚の表面まで出てきて、1円玉大のぶよぶよしたイボを作ります。それがガングリオンです。

私も数年前から右手首にヒトヤマできていたのをずっとほっといたのですが、最近PC仕事などをしていると痛むようになったので、一昨日、意を決して医者に行ってきました。ネット等あらかじめ治療法を調べた所、「注射で中身を吸い出す/手術で飛び出した袋ごと切除する/指でグリグリ押す」という、どれもあまりイタダケナイ感じのことがかいてあります。

朝一でおっかなびっくり近所の整形外科を訪ねると、沢野ひとし似の先生が出てきました。私の手首を見るなり「とりあえず、抜いとく?」と、何だかクロウトっぽい口調で言ってきたので、私もなぜか負けじと「んじゃ、とりあえず抜いちゃって下さい」なんて返してしまい、すぐに後悔しました。

あとはなされるがまま、かなり野太い注射針をブスブスっとやられましたが、想像していたほどの痛みは感じなかったです。抜いた後、サービス精神旺盛な先生は僕の目の前で「ほら、これ、君のガングリオンに入ってたやつ。ラードだよ~」と、注射器から出しながら見せてくれました。針の先からちゅるちゅると出された脂肪は、ごく薄く黄色がかった透明で、トロリ感があり、水あめみたいでした。

私はラードよりもきれいだ、と思いました。でもそれは、自分の体から出てきたからそう見えたのかもしれません。

                                            ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2005-03-10 14:17 | ひでみつ

<< 新作レコーヂン 卒業式シーズンだねー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE