うちにあるApple Products

ふと我に返って、Apple製品にどれだけお金をかけたのだろうかと。並べてみました。別に裕福なわけでないのでハード的にはそんなに頻繁に買い替えはしてないんですよ。

b0063361_1051341.jpg


・iMac DV Spercial(iMac CoreDuo 20inchの画面中)
彼には長らくお世話になりました。実働5年以上。今は実家のオブジェです。なんやかんやで思い出のいっぱい詰まった愛着のある一台です。たまに帰省すると電源入れてあげてます。OSX10.3が限界ですけど、用途を限定すれば現役復帰も不可能ではないのです。ていうか復帰させたいぐらい思い入れのあるマシンですねぇ。

・iMac CoreDuo
もう4年稼働ですね。Macがintel搭載なった記念すべき1台。ただその半年後にはCore 2 Duo時代がやってきまして、いきなりレアなアイテムになっちゃいましたが。iMac G5からはじまったこの白い薄型フォルムには見た目の魅力がいっぱいで、現行の銀色iMacへの買い替えにどうにも踏み切れない一因となっています。スペック的にはもはや2世代ほど前のスタンダードですが、特に日常で困ることはないです。今でも我が家のメインマシン。ディスプレイの品質の良さはいまでもピカイチです。

・iBook G3 Dual USB
USBが2つ付いていることを自慢しちゃうような時代のiBook。でも当時(iMac DVと同性代ぐらいですかね)は革命児でしたよ。その前のiBookは貝殻と呼ばれる独特なデザインが目を引きましたが、こいつはもっとスタイリッシュ。其の後CPUはG4となり、長くAppleのノートブックデザインモチーフとなりました。ノート型が欲しいという理由だけでオークションで落札。開腹、分解を繰り返したあげく今は安らかな眠りについています。

・MacBook Late2007
バンド録音、主にドラムマルチ録音に耐えうるノートが欲しかったのでMacbookの購入はiMac 20inchの直後から狙っていたのですが、予算的にかなり後回しに。Leopardが搭載されたタイミングで購入しました。メモリ4G、HDD500GBにしてますのでメインマシンに出来るぐらいの機種ですが、総合的な使いやすさでiMacにはやはり勝てない。ただ音楽制作はこちらで全部やっています。

・Macbook mini 1000
散々ブログでも書きましたが、Hachintoshです。悲しいかな実用にはいたらず。iPadの登場で存在価値がますます薄れて行きそうです。

・iPod 5G(30GB→40GB)
ビデオが付いた時にやっとこさ購入。iPodがまだまだ世の中で高価な?品物だった頃です。といってもそんなに昔じゃないですよね。これも2006年かな。Hachintosh制作の際にちゃっかり容量アップしてます。イヤホンジャックの接触不良も軽々と乗り越え、今でもバンド練習録音を中心に活躍中です。

・iPhone 3G
彼はねぇ。ほんとこの2年間常に一緒にいましたから。生活の中心でした。僕のディズニー好きを最も快く受け入れてくれたいい奴です。しかし悲しいのですが3GSやiPadの使用感に比べると明らかにスムーズ差にかけます。次世代iPhoneが登場したら第一線を退くのでしょうね。ちょっと厚めのiPod Touchになる予定です。

・iPad 3G 32GB
新人です。新人のクセにやたら仕事ができます。ただゆとり世代なので「あ、それはできないんですよ」という妙に欠けている部分があるのですが、それ補って余ある基本能力とポテンシャルの高さを誇ります。


あぁ、、、やっぱり結構お金使ってますね。他にもLogic Proなんかで大枚はたいてますし。使ってないハードもあるわけだから、もっと計画的に購入しないと、、、




でもMac Proが欲しいです。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2010-05-30 10:06 | あやと

<< iPadレビュー  iPad ... iPadがやってきた! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE