HP Mini 1000とiDenebでMacbook Miniの夢を見る その1

巷ではネットブックといわれる用途と機能が限定されながらも、小さくて安価なノートパソコンがシェアを広める中、「iPhoneあるからそれでいいじゃない」というスタンスを貫くAppleはMacbookのダウンサイジングをしてくれません。2010年、年明け早々に待望のタブレットPC(7インチぐらいのタッチパネル式PC)を発表するという噂もありますが、それなりに高価なものになりそうだし、、、

いわずもがなですが、MacとWindowsPCの一番大きな違いは、搭載OSの違いです。 どっちの出来がいいかを論じるとそれは一長一短なのですが、「慣れ」 もあるんでしょう、僕にはMac OSXが使いやすいのです。だからネットブックでOSXが動いちゃえばいいわけで、、、

そういう夢を見ている方々が世の中に去年あたりから増えていまして、そうやって出来たOSXの動いている夢のPCを「Hachintosh」と呼んでいるんですね。

僕だってその夢見てみたい、、、

てなわけで、どのネットブックが夢を見やすいのか。まずはそこからスタート。早速、先人達が残してくれた大いなる遺産を参照させていただきました。

ハッキントッシュに最適なネットブックはどれ?

むっちゃ調べられてるじゃないか、、、便利だなぁ。でも普通は既に何らかの理由で購入済のネットブックで試すんだろうから、こういうリストも先人達の血と涙の結晶な訳ですよ。感謝です。

そんな訳で、デザインや適正から「HP Mini 1000」がいいなとは思ってたんですが、出来るだけ安く手に入れたいので中古にターゲットをしぼり、ネットオークションをくまなくチェック。そしたらタイミングよく出品されてましたので即決落札!配送料込で25000円ほどの出費でした。ラッキーじゃない?

HP Mini 1000 32GB-SSDモデル

続く。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2009-12-30 12:05 | Apple関連

<< HP Mini 1000とiD... 今年一年ありがとうございました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE