親マーダラー

またやってしまいましたね。若者による親殺し。

そりゃあね、若い頃には親に敵意を感じることは誰でもありますよ。時として親というものは、子供にとって無理解な大人、理不尽な社会、低迷する経済、混迷する政治等、世の中のありとあらゆる気に入らねーコトガラの象徴みたいに見えるものです(いやー親って大変だ)。でもいざ自分が大人になると、なんであの時そんなことを考えたのか不思議になるものですよね。

そういえば私も高校生の時、コーンフレーク20箱喰ってやっと当てたケロッグシリアルボールを、酔った親父に落とされて叩き壊されたことがありました(しかもあろうことか、親父はそのボールにドッグフードを入れて犬小屋に行こうとしていた)。その時は正直「ブッ殺す!!!」と思いましたが、当然、思っただけです。だから今はこうやって楽しい思い出としてお話することができます。

でも今思うと、あのシリアルボールはトニーのイラストが入っていて、すごくかわいかった気がします。

……親父!返せよ!俺のシリアルボール!!

                                            ひでみつ
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2004-11-25 14:31 | ひでみつ

<< また、遊びにきてくださいね お菓子好きの女 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE