三位一体型DVDレコーダー(DVHR-D250)

ここしばらくの間、僕の家にはビデオやDVDなどの録画機材がありませんでした。笹塚に引っ越して来てからだから4年ぐらいになりますでしょうか。映画のレンタルDVDとか観るときはいつもMac上だったのですよ。観たいテレビ番組があったら、スケジュールをなんとか工夫して家に帰って来てました。

でも、やっぱり録画してあとで観たい番組って結構あるんですよね。。。何度も観たかったり、どうしてもスケジュールの都合が合わなかったり。だもんで、地デジ対応テレビの購入に合わせ、レコーダーもなんとかしようと。

購入におけるポイントは次の三つ。

・地デジ対応
・安さ(5万以下)
・三位一体型(VHS、DVD、HDD)

やっぱり地デジ対応してないと意味ないというか。今更アナログで録画するのもね。きっとデジタル録画も画質を落としたロング録画モード?とかあるんだろうし、HDDは250GBぐらいあればOK。それよりも全く観れないまま本棚に飾りっぱなしになっているVHS資源をどうにかせにゃならんと思っていましたので、VHS→DVDのダビングがスムーズにできることも大事。ブルーレイはまだいいかな。ブルーレイ主流になった時に、もっと安くなるだろうとの読みで。そんなに容量の大きい録画はしなそうだしね。

そんなこんなで見つけたのが↓コレ。
DVHR-D250
おおお!あるじゃないかあるじゃないか!でも知らないメーカーだぞ。
とりあえず価格帯を調べるために、価格.comすると、、、最安値4万円なんてことになってます。クチコミを確認すると録画予約の数や、メーカーとしての信頼性がなんて書いてあります。レビュー書いてる方々は問題なく使えてるとのこと。やっぱりブランド力って値段に大きく影響するよね。僕からすれば機能制限させていても、それ相応の値段設定をされている家電には魅力をビンビン感じますけどね。そもそも、家電メーカーの多くは「値段設定ありき」で製品を作っているわけで。。。つまり10万円のDVDレコーダーになるように、オプションなり機能なりを追加していくわけです。1台売れるごとの利益率を考えての戦略なんですけどね。今はやりのネットブックとその他のノートパソコンの違いみたいなものです。そんな手法に消費者はだまされてはいけませんよ(ネットブックを買うつもりは全くないですが)。

とか偉そうなこといってますが、そもそもVHSのデッキを持っていたら、三位一体型なんか買わなくてもいいわけなんですけどね。あと、大手メーカー製だとかるーく6〜7万を超えていくんだよね。

まぁ、とりあえず商品はこいつに決定いたしまして。オークションで無事4万円以下で落札できましたよ。もうすぐ届くはず。ちゃんと動くといいなぁ。
[PR]

  by sinnsirakawaminor | 2009-01-30 08:35 | あやと

<< ペット飼い始めました(オオクワガタ) LC-M19D3届きました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE